大正グルコサミン 副作用

関節サプリメント潤腰の口コミや効果・副作用や販売店はこちら

大正グルコサミンパワープラスは副作用とかあるのでしょうか?

大正グルコサミン 副作用

 

大正製薬の大正グルコサミンパワープラスで毎日元気!

 

サメ由来の軟骨成分を、グルコサミンと同時に摂取

 

W軟骨成分コンドロイチンとU型コラーゲンが配合されています。

 

そんな大正グルコサミンパワープラスなのですが副作用が気になりますよね。

 

これからそれについて述べたいと思います。

 

大正グルコサミンパワープラスは栄養補助食品になります。

 

栄養補助食品とは栄養成分を補給し,特定の保健の用途に適する食品です。
健康補助食品はサプリメントともいい錠剤やカプセル剤など,通常の食品とは異なった形態のものをさします。

 

大正グルコサミンパワープラスは「食品」に分類されます。

 

薬のような副作用はないと考えていいでしょう。

 

しかし!

 

大正グルコサミンパワープラスは気おつけなければならないことがあります。

 

それは

 

原材料の一部にエビやカニ、鶏肉を含んでいますので食物アレルギーのある方は、原材料をご確認の上、お召し上がりください。

 

甲殻類のアレルギーがある方は注意してほしいですね。

 

気になる方は要チェックです。

 

原材料を記載しておきますね。

魚肉抽出物、サメ軟骨抽出物、鶏軟骨抽出物(鶏肉を含む)/グルコサミン(エビ・カニ由来)、HPC、セルロース、CMC-Ca、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、ビタミンD

 

↓大正グルコサミンの公式サイトはこちら↓

大正グルコサミン

 

グルコサミンは、人間の体内に存在している物質です。

 

そのため、重大な副作用はあまり起こらないといわれています。

 

しかし、まれに、胃痛や胸焼け、便秘や下痢、お腹が張るなどの軽い胃腸症状が現れるケースがあるとの報告もあります。

 

また、特定の薬を服用している方や持病のある方は、グルコサミンの摂取に注意が必要になります。

 

それはワルファリンのような抗凝固薬です。

 

血をサラサラにするお薬の事です。

 

大正グルコサミン 副作用

 

もし服用している場合には、グルコサミンの摂取に関して医師に必ず確認をとるようにしてください。

 

用量の多いグルコサミンとコンドロイチン硫酸の併用することでワルファリンなどの作用を強めてしまい、止血作用が働かなくなったり、出血を引き起こす可能性が指摘されているからです。

 

他にもグルコサミンはグルコースを含む糖の一種です。

 

血糖値をコントロールするインスリンが効きにくい状態を高め、糖尿病や高脂血症の治療に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

グルコサミンの摂取によって血糖値・血圧・血中コレステロール・トリグリセリド値が上昇したという報告もあるため、十分な注意が必要です。

 

しかし、血糖値がコントロールできており安定している場合は、1日1,000〜1,500mgのグルコサミンでは影響を受けないという見解もあります。

 

大正グルコサミンパワープラスは6粒(一日に飲む量)あたりグルコサミンが1500mg入っています。

 

糖尿病や高脂血症であっても、状態が安定していれば飲むことができますが、まずは医師に相談してください。

 

まとめ

・大正グルコサミンパワープラスは食品であり副作用はほとんどない
・甲殻類・鳥アレルギーがある方は原材料を確認してください
・ワーファリンなどの血をサラサラにするお薬を飲んでいる方は医師に相談してからにしてください。
・糖尿病や高脂血症の方は飲む前に医師に相談してください。

 

お薬を服用中あるいは通院中の方は、医師・薬剤師にご相談の上、お召し上がりください。

 

大正グルコサミンパワープラスは毎日の関節の健康をサポートしてくれます。

 

>>大正グルコサミンパワープラスをお試ししてみたい方はこちら